ヘルパーは召使いじゃないのです。

   

サムネイル
介護施設の老人を虐待して殺害してしまったという事件がありました。

逮捕された方は元から少し変わっていた方だったようですが、また介護施設で虐待か、と思いました。

私は皆の事件への意見が聞きたくて、Twitterで事件について検索してみました。

すると、お年寄りにどうして優しくできないのか、とかそのような意見が多く出てきて、若い人たちと自分の事件への認識のズレを感じました。

お年寄りに優しくできないのはひどいという考えを持つ方もいるのでしょうが、私は全てのお年寄りに同じように優しく接することはどのような人でも無理だと思います。

介護施設に来る方は必ずしも全員がいい人ではないからです。

今回の事件を起こした方でなくても、辛い態度ばかりとってくる老人へいつまでも優しく接し続けるのは無理でしょう。

特に老人ホームなどでは、暴力をふるってきたり認知症があってウンチを壁に擦り付ける方でも死ぬまで老人ホームからいなくなる事はほぼないので、殴ってくるからといって介護から逃げ出すことはできないのです。

そのような実情があるのに、一概に老人に優しくできないのはひどいというのはちょっと間違っていると思います。

もちろんお金を払っていただいているのだから、優しく介護するのは当然です。でも自分でそう思うことと、介護を受ける側の方がそう言うのでは違います。

仕事なんだからはやくやれ、と召使いのように扱われて、ヘルパーさんは顔は笑っていても心は笑っていないでしょうね。

また、召使いのように扱われても少ないお給料しか受け取れません。

それが余計に介護の辛さに拍車をかけるのかもしれないと思いました。

もちろん、気持よく介護できる方々もたくさんいると思います。
その方達に共通するのは、介護してくれてありがとうね、という心づかいがあるという事なのではないでしょうか。

もしみんなそのような心づかいをしてくれたなら、たとえ低賃金でも介護はもっとやりがいが出ると考えます。

少ない施設利用料金でそれ以上に身の回りの世話をしてくれるなんて、ヘルパーさんはすごい方だと思います。

だから私はこの事件を受けて、ヘルパーさんなんだからやって当然という、その認識が改善されたらいいのにな、と思いました。

女性 20代
青森
ヘルパーは召使いじゃないのです。

 - 社会 ,