少子化問題と保育園

   

サムネイル
「保育園に落ちた!日本死ね!」

そんな汚い言葉のブログが話題となっていました。
お子さんが保育園に入れなくてお母さんが働けないという主張でした。

少子高齢化の時代の中、働く女性が増え保育園の需要は高まっているが新設が間に合わない地域もあるそうですね。

安倍政権が「一億総活躍」の目標を掲げています。
今は労働人口も少なく、介護需要が高まる中、お母さんにも働いてもらいということでしょう。

その割には…といったところでしょうか。

そもそも子育て世代のお母さんが働かなきゃならない理由は何なのでしょうか?

私は常々疑問なのですが、子育てに従事し、子供の成長をそばで見続けることは悪なのでしょうか?

もちろん働きたい、キャリアを捨てたくない女性には保育園も必要ですし働かなきゃならない理由もわかります。

でも働くお母さんの全てが働きたいから働いているのでしょうか?

私は働くお母さんの中には夫の稼ぎが十分でないから仕方なく働いている人も多くいるのではないかと思っています。

現に私もそうです。

この時代たくさんの子供を持つことはとても難しいです。
次の子が順調に妊娠できるとも限りません。

もし一人っ子だったら?

その子育ての大半を保育園に預け、経験できないまま終わってしまうのはすごくもったいないことではないのか?と思うと涙が出てくるほどです。

安倍さんの掲げる活躍の中には育児は含まれていないのでしょうか。
家事育児に集中し、家庭を潤滑にしていくことも活躍の一つだと私は思います。

保育園を増やすことも大事です。
そう主張する方も多いでしょう。

ですが、まずは経済対策をしっかりとして安心して結婚できる子供を育てることの出来る男性を増やすことが長期的にみてすべての問題の解決に繋がるのではないかと私は思います。

女性 20代
福岡
少子化問題と保育園

 - 社会 , ,