サカキバラ殺人事件 元少年Aについて

   

サムネイル
私は最近、あのサカキバラ殺人事件の少年Aが再び世間をにぎわせていることを知った。

私は直接リアルタイムであの事件を知っている世代ではないが、事件の猟奇的さからか、私の世代でもあの事件を知っている者の方が多数派だと思う。

そしてその事件の加害者である元少年Aと呼ばれる殺人者が釈放され、再び世間に戻ってきたのだ。

ここまではまだいい。そのまま更正してくれればまぁいいと思う。

しかしあの猟奇的な殺人事件を起こしたサイコパスはそうはいかない。

世に出てそうそう、被害者の気持ちを踏みにじり、あろうことか事件の事を綴った本を出版したのだ。

常人である私にとってこれは到底理解のできない事で衝撃だった。
普通に考えればそんな事は倫理や固定観念からできないはずだ。

しかし元少年Aは躊躇う事無くそれをしてしまう。

これは噂だが自分が殺人者であることを利用して「脅し」までしているそうだ。

自分に気に入らないことを他人がすれば「殺すぞ」と人を脅すのである。

それは殺人者である彼が使えばこそいっそう力を持つ言葉であり、本人もそれを理解しつつ使っているのだろう。

まったく反省が見られないのである。

これはサイコパスという精神疾患者にみられる特徴で、過去を反省しない、今の事しか考えられない、行動による結果の責任がとれない、といわれている。

脅しの話は私が聞いた噂に過ぎないが、本の出版は紛れもない事実だ。

被害者の子供を殺したことによって世間の好奇心を煽り、本を買わせるのである。

もちろんそれによって得られる利益は自分で使うのだろう。遺族は受け取りを拒否しているときいた。

本の出版は言論自由であるのだがこの元少年Aの「絶歌」という本の出版は私をよくよく考えさせた。

女性 10代
愛媛県
サカキバラ殺人事件 元少年Aについて

 - 社会 , , , , ,