自転車の事故を聞くと

   

サムネイル
自転車に乗りながら音楽を聞いていた20代の男性が横断歩道を渡っていた70代の女性に衝突し死亡させて
しまった事件で、被害者の男性に実刑判決がでていました。

実は私の家族もスマホ片手に自転車を漕いでいた女の子に衝突されて足の骨を骨折し入院したという経験を持っています。

その時はすでに自転車交通ルールが厳しくなるとラジオやニュースでも報道していたのですが、その矢先の出来事でした。

衝突した女の子は泣きながら謝罪し、警察への通報はしませんでした。

しかしながら、自転車を漕ぎながらスマホを操作している人は数多く見かけます。

年齢は若い人にかぎらず、結構年配の人までゆらゆらと道を左右に揺れながら自転車を走らせているのです。

せめてスマホをいじるときは、自転車から降りるかもしくは、一時停止して歩行者の邪魔にならない場所で操作してほしいと思うものです。

かくいう私も、実は以前まで音楽を聞きながら自転車に乗っていました。

その時は好きなアーティストの音楽に夢中になっていて、歌を歌いながら自転車を漕いで横断歩道を渡ろうとしていました。

その時に目の前を車が横切ったのです。私は、青信号だと思って横断歩道を渡ろうと思ったのですが実はまだ赤信号だったのです。

音楽に集中していて周りの風景に全く気が付かなったのです。

それ以降、自転車を漕ぎながら音楽を聴くのはやめることにしました。
やっぱり怪我をしてしまうと元も子もないですからね。

最近ではテレビでスマホのゲームCMばかりを放送していますがスマホを操作するときの安全面や注意事項についてはほとんど放送していません。

そんなにゲームを四六時中遊ぶ必要もないのになと思います。
今後こういった自転車での事故が増えていくような気がします。

女性 30代
大阪府
自転車の事故を聞くと

 - 社会 ,