ワタミの介護施設長 書類送検にについて一言言いたいです。

   

サムネイル
ワタミ介護施設長が入所者が入浴中に死亡した事件で書類送検されたそうです。

しかし、このような事件が多発する現状を変えない限りまた起きる可能性があります。

まず、この問題は介護職員の待遇が悪すぎるのでベテランの介護職員が育たないところに問題があります。

これはこのような事件が起こるたびに言われています、これは介護老人ホームの責任というより国の責任が大きいと考えます。

国が介護職員の地位向上を図る必要があります。

まずは、給与面での待遇改善を図ることから始めるべきです。

今の給与体型では結婚した場合は仕事を続けることが出来ないです。

また、介護職員の経験不足をカバーするための研修などの実施をするべきです。

このような、介護職員の待遇改善をしても不慮の事故は防げないです。

そのため、国は、それに対する保険制度も充実させ介護職員を守る体制を取らないと介護職員は増えないです。

誰だって、きつくて・辛くて・そのうえ待遇も悪ければ介護職員をやろうとは考えないです。

もちろん、理想を持ち介護職員になる人もいると思います。

しかし、給料や待遇が悪く・事故が起きたら責任を取らされるような職場で辞めていくのも仕方がないです。

元々、介護事態して当たり前の印象があります。
これは、今までは家庭が介護を受け持って来たための発想です。

しかし、これが仕事になったら介護を受けるには正当な対価が必要になります。

その発想をみんなに持ってもらう必要があります。
また、介護を受ける側もまた感謝の気持ちを持つことも大切だとおもいます。

これは前のことと異なる発言だとおもわれますが違います。

どんなに、お金をもらってやっているのだとしても、やはりお金払っているからやって当然の態度を取られれば関係が悪くなります。

自分の世話をしてもらっていることへの感謝の気持ちがあれば相手もまた態度が変わると思います。

以上色々のべましたが、結局のところ人と人との関係でなりたっている仕事なのでお互い気持ちよく仕事が出来るようにするのはやはりその職場の長の役割だと考えます。

男性 40代
愛知県
ワタミの介護施設長 書類送検にについて一言言いたいです。

 - 事件 , , ,