最近多い幼児虐待について。親になる資格がない!

   

サムネイル
最近ニュースを見ていると自分に子供がいることもあり、幼児虐待死のニュースがよく目につきます。

つい最近では3歳の子供をウサギ用ゲージに食事以外監禁していたニュースがありましたが本当に信じられないくらい衝撃的でしたし、亡くなった子供のことを思うと胸が痛む思いです。

そこまで至ってしまった経緯にはいろいろな事情があるとは思うし子育てに苦労していて育児疲れなどで参っていたのかもしれません。

それでも許される行為ではないと思います。

厳しく言ってしまうと両親2人は親としての自覚が足りない行動であり、親になる資格がないと思います。

たった3年という短い人生で自分の親によってその命を絶たれたあの子は幸せだったのか、なんのために生まれてきたのだろうと思うと悲しい気持ちでいっぱいです。

母親の証言で、旦那に救急車に連絡しようと言ったら

「連絡したら家族がバラバラになるぞ。うめるか、ながすかだ」

と言われたから仕方なくみたいなことを言ってましたが子供をその状態にしておいてなにがバラバラになるんだ、罪の意識はないのかと驚きました。

母親は親でいるよりも女でいることをとっていたからこのような結果になったんだと思いますが同じ母親として信じられないし許せません。

なにより元から子供を愛していたなら何カ月もゲージになんていれてませんよね。

子育てをしていくにあたって誰もがどこかで壁にぶつかることは必ず来ると思います。

ただ楽しい可愛いだけが子育てではないです、辛くて一人になりたい逃げだしたい時もあります。

ですが親になるということは一人の命を背負うということを誰もが自覚できることだと思うのです。

それができていない人が親になっていいのかと考えものだと思います。

このような事件で懲役数十年で出所してくるケースが多いですが、年数を改めて考えるべきだと思います。

人一人の命を奪った罪の大きさを年数に表すなら2〜30年ではとても短いはずです。

この先このような事件がなくなる世の中になればいいなと思います。

女性 20代
福島県
最近多い幼児虐待について。親になる資格がない!

 - 社会 , ,