消費増税で税収減なら止めるのが正しいです

   

サムネイル
消費税増税しても、軽減税率等によりそれほど税収は増えないと考えます。

それくらいなら企業のシステム導入や個人商店の税金を納める時の苦労を考えるなら見送るべきだと考えます。

また、今の経済状況から考えて増税することで消費が冷え込むのは確実であり増税ありきの考え方は間違っています。

何故、今、増税に踏み切る必要があるのか安倍首相は説明すべきです。

また、増税することにより消費が冷え込んだ場合の責任の取り方も明らかにすべきです。

それだけ、今回の増税はタイミングも悪く税金の取り方も不透明で、しかも、軽減税率を導入するために他の税金の割合を引き上げると言う何とも不可思議な税金です。

しかも、議論された時間も短く問題点も解決されていない現状を考えると消費税増税はありえないです。

これは、日本の悪いところで決められたことは実行する!!それが、どんな結果をうむことになっても実行するという政府や官庁のメンツばかり考えています。

もう少し、景気の現状や経済の動向を見極めたうえで必要ならばやるという柔軟性が必要です。

また、これが子育て支援や介護費用のお金として必要ならばどれくらい、税収が必要か計算したうえでの増税が必要です。

結局、今のまま実行しても税収は減り消費は冷え込み子育て支援や介護費用にひつような財源が確保出来ずに赤字国債を発行して穴埋めををする一番ダメなパターンに陥ることが考えられます。

それくらいならば。消費税増税を先延ばしするのも一つの方法だと思います。

とは言いますが、これまでの政府の対応から考えると強行するだろうと思います。

このような強行を止められない野党も情けないですが・・。

安倍首相に待ったをかけられない与党の国会議員も情けないです。

男性 40代
愛知県
消費増税で税収減なら止めるのが正しいです

 - 経済 , ,