野党の国会議員は何故議案審議を優先しないのか?

   

サムネイル

最近、与党の国会議員の発言等の問題がありますね。
「大臣にふさわしくない」とか「首相の任命責任は」とか野党議員が声を荒げています。
問題のある発言はよくありませんが、訂正すれば済むことではないでしょうか。
それをいつまでもネチネチ追及したり、はたまた、首相の責任追及など
一個人としては考えられません。

それより、国会議員は何のための議員なのでしょう。
日本の行政、国民のための議案等を審議するのが第一の仕事ではないでしょうか。
今は、次年度の予算審議が優先なはずなのに、国会の場で与党議員の不祥事を追及すると野党議員は言っています。

次年度の予算審議が遅れれば、国の機関はもちろんのこと、地方も大変迷惑を蒙ります。
大方、予算は可決するであろうと思い準備はできますが、可決しないことにはスタートできません。
国会議員も地方から選出された人なのですから、そういうところを考えて欲しいですね。

また、議員の不祥事を追及するのであれば、国会の場でなく、何らかの委員会などで追及することはできないのでしょうか。
国民は、そういう情報は新聞、テレビ等で知ることができるのですから。

日本は今、財政的に非常に苦しい状況にあります。
東京オリンピックが開催されるとはいえ、アベノミクスを実感している人はごくわずか。
国民はまだまだ苦しい状況にあるのは違いないのです。

こんな状況を打破すべき政策を打ち出すのが国会議員!
国民あっての国会議員!

選挙の時だけいい顔するのはもうやめてほしいですね。

とにかく、議案審議を優先して、日本の進むべき道を決めてもらわないことには国民は不安でたまりません。

野党議員にお願いします。

議員としての発言・行動に問題があるのならば、別室で論議してください。

そして、首相の任命責任を問うということはしないで欲しいです。

ちょこちょこ首相が変わる国になってしまえば、諸外国から見放されますよ。

男性 50代
青森県
野党の国会議員は何故議案審議を優先しないのか?

 - 政治 , , ,