アメリカの大統領選トランプ氏が受け入れられる理由

   

サムネイル
アメリカの大統領選の予備選挙にあたるスーパー・チューズデーが終了し、民主党はヒラリー・クリントンが共和党はドナルド・トランプが多くの州で1位通過を果たしています。

このままいくと大統領の本選挙では民主党はヒラリー・クリントン、共和党はドナルド・トランプが候補者になる可能性が非常に高いといってもいいでしょう。

民主党ではヒラリー・クリントンとしのぎを削っているサンダースという人がいますが、この候補者も大学の無償化などを公約に掲げており、若者の強い支持を集めていますので、今回勝ったとしてもこの後まさかのどんでん返しがないとも言い切れません。

しかしながら共和党のドナルド・トランプが大統領候補になってしまうと非常に厄介です。

ドナルド・トランプさんが有権者に対して公約として約束していることは

”イスラム教徒を国外追放”
”メキシコの間に万里の長城をメキシコの資金で作らせる”
”日本や中国にとられた産業を取り戻す”

などです。はたから聞いていると、
そんなことどうやって実現できるの?と疑いたくなりますが、現在のアメリカ人の殆どがこの公約に期待しているということです。

もしドナルド・トランプが大統領になってしまったら、おそらく戦争し放題、アメリカにある日本企業は閉鎖、外交に関しても米軍を日本から撤退させるなど強行な手段をとってくる可能性があるでしょう。

まるで銃を片手にわがままを言う赤ん坊のような国になってしまうでしょう。

と、同時に、このようなとんでも候補がアメリカ人の支持を集めてしまう背景には、アメリカ社会の格差の広がりや貧困層の不満が鬱積しているのだろうと思いました。

アメリカといえば成功すればお金持ちになれるという国でしたが、多くの人は成功よりも平等な暮らしの望んでいるのでしょう。

女性 30代
大阪
アメリカの大統領選トランプ氏が受け入れられる理由

 - 海外 , , , , ,