生後8か月男児死亡。食事与えず放置容疑で両親逮捕。

   

サムネイル
広島県呉市の住宅で生後8か月の男の子がやせこけた状態で死亡しているのが見つかり、両親が逮捕された事件です。

乳幼児虐待のニュースは時々報道されますが冷たくなったり、息をしなくなってから両親が救急車を呼んでいます。

そんなになる前になぜ病院に連れて行くとかできなかったのかと思います。

赤ちゃんが泣いていても「まだ生きてるから大丈夫」と思っていたのでしょうか。

この事件では、赤ちゃんが痩せていてネグレクトが疑われていますが自分たちは普通に食事をしていて、赤ちゃんには何を与えていたのでしょう。

8カ月まで生きてきたのだから、何にも与えなかった訳ではないと思われますが8カ月まで育てたのです、かわいい時もあったでしょう。

夫婦仲は良さそうという近所の人の話もあり、とても残念です。

母親が22歳父親が41歳とのこと。年の差婚に異論はありませんがこういう事件がおこると色眼鏡で見たくもなります。

世の中が平和になって長くなり、昔と比べると若い子は見た目も精神的にも幼くなっているように感じます。

そして、22歳ではまだ子どもなんだなと思うのですがそれでも赤ちゃんを作ることはできてしまう。

ここで相手の41歳の父親にシッカリして欲しいところですが41歳でもまだ子どもだったという事でしょうか。

赤ちゃんを優先するという事ができなかったのですね。

最近は「デキちゃった婚」さえ「さずかり婚」なんて言うようになりましたがそれが、離婚、貧困母子になる確率を高くしているんだと思います。

遊びたい時は必ず避妊をする事をもっと学校などで周知させるべきだと思います。

セックスすると子どもができる事、妊娠や子育てがどのくらい大変なことなのかを家庭、学校、会社等の組織で繰り返し教えて行かなければいけない時代ですね。

乳幼児期に栄養不足だと脳への影響もあると聞きます。

少子化対策なんて言ってる国にはもっとこの辺を注視して欲しいものです。

子どもは国の宝なのですからね。

女性 50代
愛知県
生後8か月男児死亡。食事与えず放置容疑で両親逮捕。

 - 事件 , , ,