サンダース旋風はどうなるのでしょうか?

   

サムネイル
ついにスーパーチューズデーが過ぎ、アメリカ合衆国の共和党の大統領最有力候補者はドナルド・トランプ氏に、そして、民主党の方は、ヒラリー・クリントン氏になりそうです。

でもわたしは、民主党のバーニー・サンダース氏に注目していたので、少しつまらない気持ちです。

もちろん、ヒラリー・クリントンが大統領になれば、アメリカ合衆国初の女性大統領になるのですが。

それはわたしバーニー・サンダース氏に魅せられてしまったからです。

最初は、サンダース氏の名は全く知られておらず、共和党にもパッとした候補者がいなかったので、次期大統領はクリントン氏で間違いないだろうといわれていました。

わたしは、ビル・クリントンが大統領時代窮地に陥った時に、彼を支え続けたヒラリーを嫌いではありません。
有能な政治家です。

でも、もう一人の民主党の候補者であるバーニー・サンダース氏の登場は本当に衝撃的で、一時期はヒラリーがかすんで見えるほどでした。

今日、日本でも社会的格差が騒がれていますが、アメリカはその何倍もの格差があると言われています。

路上生活者も何倍もいるのです。そんなアメリカで、サンダース氏は、労働者の最低賃金を大幅に引き上げ、大学の授業料を無料にすると言ってのけたのです。

彼が、特に将来に不安を抱える若者たちに熱狂的に支持されているのはもっともだと思います。

わたしも、サンダース氏が日本の総理大臣だったらと思うほどです。

サンダース氏の掲げる民主社会主義が、本当にアメリカで実現したら、世界中が変わるでしょう。

他方、共和党の最有力候補のトランプ氏ですが、わたしは人種差別的な暴言を吐くトランプ氏を好きにはなれません。

でも、彼を支持してしまう人々の気持ちも全くわからないわけではないのです。

彼を支持する人々の多くは白人の低賃金労働者です。

トランプ氏は移民が白人の仕事を奪っていると言って移民を排斥し、イスラム教徒がアメリカ社会を悪くしていると言ってイルラム教徒の排斥を訴えています。

彼を支持する人々をわたしは賢いとは思えませんが、やはりトランプ氏への熱狂的な支持もアメリカの格差社会が生み出したものなのです。

民主党のバーニー・サンダース氏はそんなアメリカを変える人になると思っています。

どうかサンダース旋風が終わりません様にと祈るばかりです。

女性 40代
栃木県
サンダース旋風はどうなるのでしょうか?

 - 海外 , , , , , ,