電波停止発言に怒り心頭のマスコミ。でも自業自得なんだよなぁ。

   

サムネイル
先日、総務省の高市氏が電波停止に言及した件でTVで活躍するジャーナリスト達が会見を開く出来事がありました。

言い分としては政府がメディアに口出しすれば、メディア側は色々な規制の中でやっていくしかないので困るという感じです。

確かに言わんとする事はわかりますが、私にはやりたい放題してきた事を怒られてすねている子供の言い訳にしか聞こえません。

インターネットが普及した今でこそ、マスコミの嘘や偏向報道が明るみになる時代になりましたが

昔はマスコミの言うこと=真実と取る人が圧倒的に多かった時代です。

マスコミ側としては自分たちに都合の良いように事実をねじ曲げ放題だったわけです。

マスコミの使命は事実をありのまま伝えることです。また、伝えなくてはいけない事をキチンと伝える事です。

しかし実際はそうではありません。それこそインターネットが普及するまではやりたい放題でした。

インターネットが普及した今ではまだマシになりましたがそれでも不祥事は多いです。

何故多いのでしょう?答えは簡単です、処罰が軽いから反省しないのです。

だからこその高市氏は言ったのです。こんな事でいいのかと。

当然です。何度も何度も不祥事を重ねてきたのですから。

しかしマスコミ側は自分たちがしてきた悪行を知らんぷりして開き直っています。

報道の自由だといつものごり押しで押し通すつもりです。呆れて物が言えません。

このままではテレビの信用は地に落ちてしまいます。

テレビというのは今や一家に複数台あって当たり前な時代です。

手軽に情報を手に入れる手段としてはこれほど良いものはありません。

しかしそれが信用できないとなると国民はどうするでしょうか?

テレビを一切見なくなります。どうせ嘘まみれだからと。

そうなると番組を支援しているスポンサーは損をします。

結局は自分たちの首を絞めているのです。

マスコミさんもここらへんで反省してテレビの信用回復に努めてもらいたいです。

男性 30代
大阪府
電波停止発言に怒り心頭のマスコミ。でも自業自得なんだよなぁ。

 - 政治 , , ,