具体策のない「待機自動ゼロ」政策には、選挙目当ての気がします。

      2016/03/18

サムネイル
安倍首相が「待機児童ゼロ」に向けて動き出したが、具体的な制作も出てこないなかで選挙目当てのパーフォーマンスに終わりそうです。

「待機児童ゼロ」jは長年言われて来ているが今だに実現出来ない困難な問題です。

これを、安倍首相が「待機児童ゼロにする」と掲げてもすぐに解決出来る問題ではないです。

それを、実現すると言った安倍首相の行動は選挙目当てのパフォーマンスにしか見えないです。

簡単に実現出来るなら、ここまで問題にはなってはいないです。

それを、何の目処もなく「待機児童ゼロ」にすると言うのは選挙目当てのパーフォーマンスにしても国民を馬鹿にしすぎています。

このままでは、対策チームを作るだけで終わる可能性が強いです。

確かに、アベノミクスは失敗した現在において何らかの国民の目を引く政策を選挙前までにはまとめてたい安倍首相の断末魔的な叫びだとも見て取れますが・・。

このような愚策を行うようでは、安倍内閣の先行きは暗いとしか思えないです。

もちろん、少しでも完全できるのであればそれはそれで成功と言えるが、今のところ実効性のある政策はないと担当官庁の担当者が言っている以上ないとしか言えないです。

元々、妄想癖が無くもない安倍首相には今回の失敗を最後に退任してもらうべきです。

もちろん、こんな緊急時に首相の交代を行うのは考えものです。

しかし、これ以上具体性に乏しい政策を出されて我々国民がもしかしたら?と小さな期待を寄せて失敗するのも体力的に限界に達している国民には辛いです。

ここは、首相を交代して実効性のある政策を行なってもらわないと国民も頑張ろうという気持ちが無くなってしまいます。

どんな、大変なことだろうと先に希望があれば頑張れます。

ですが、今のような中途半端なことが続くようでは国民は希望すら持てなく倒れてしまいます。

男性 40代
愛知県
具体策のない「待機自動ゼロ」政策には、選挙目当ての気がします。

 - 政治, 社会 , , ,