五年目の春

   

サムネイル
東日本大震災から5年という月日を迎え、テレビや新聞での取り上げられ方も、震災当初とは変わってきたように感じています。

私自身はといえば、震災が起きてからの一年くらいは数日おきに、地震の夢を見ていました。

心臓がバクバクして目が覚める…を繰り返していました。

人それぞれ当時の被災状況も異なれば、想いも違うのは当たり前だと思います。

でも、少なからずみんなそれぞれ色んな想いを抱えて生きています。

だから、なにが正しいのかなんて分からない。

ただ、違和感を感じるのは震災関連のドラマを「楽しみ楽しみー♪ワクワク!録画しちゃったー!」とワクワクしている人。

そういう人に限って、当時はただ「自粛自粛!!」みたいに言っていたような気がします。

なんそういうのは、心がモヤモヤします。

今では「震災」=「ビジネス」に変わってきてるのも現実。

震災はひとつのビジネスチャンスであることは仕方のないことかもしれない。

もちろん、経済を回さなくてはならない。

ただ、どうもしっくりこないというか、いやらしさを感じる部分があります。

それから、わたしは「被災者」とか「被災地」という言葉が嫌いです。

「被災者」という立場をいつまでも図々しく(と言ったら語弊かもしれませんが)利用していたりする人達がいるのは事実です。

「私は被災者」という肩書をいまだにアピールしていて、震災前よりも良い場所で、良い暮らしをしているのはいかがなものかと思っています。

家がなくなった、家族を失った、というのは実際に経験しないとその人たちの気持ちを理解しようと思ってもなかなかできないものですが、未だに医療費の免除を訴えたり、何でも人にしてもらうべきと思っていて、自立しようとする姿勢が見えない人達に関しては申し訳ないけれど…どうかと思ってしまいます。

地域や内陸と沿岸部との差があるのは事実ではありますが、国の集中復興期間も今月で終わりを迎える今、復興のその先を見据えた新たなまちづくりを自分達でつくっていかなくてはならないと思うところです。

県内のある学校では目標が《普通に》だそうです。

五年を迎え、普通なことがどれだけ幸せなことなのか、私ももう一度考え、これから何ができるのか何をしなければならないのか、考えてみようと思います。

いま、ここに生かされているということに感謝しながら。

5年前、亡くなられた皆様の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

女性 30代
宮城県
五年目の春

 - 社会