甘利さんはどうなているの?

   

サムネイル
TPP担当大臣だった甘利さんが大臣を辞職して暫らく経ちます。

週刊文春の記事がきっかけで慌しく釈明会見を開いて、多くの疑問を残したまま大臣を辞したものの、

その後は療養が必要だという診断書を根拠に雲隠れ。

今どこで何をしているのか皆目不明。

辞めたというのは追求を逃れる為で、診断書もどこまで信憑性があるのかさえ疑わしい。

政権はこの事実を葬り去りたいのだろうし、大臣不祥事があると任命責任があるとうそぶくだけで、

一向に総理大臣は責任を取って辞任することが一度も無い。

本質には逃げて、誤らない。

この政権の体質は次第に国民に蔓延していく。

国のトップにある政治家の対応がこれなのですから、下々の国民も同様にモラルがなくなっていく。

これが今日本において進行しているとても哀しい状況。

こんなことに何故なってしまったのか、選んだ国民自身が自問自答しなければならないでしょう。

マスメディアも弱腰すぎる、

政権の恫喝に負けて、政権の意に反する報道を自主的に控えている。

必然的に甘利氏のその後についても何ら報道されなくなってしまった。

大臣辞職ではすまされない事件のはずなのに、大臣を辞任すると雲隠れして、マスメディアも追わない。

そのうち田母神などという小物が政治資金を横領しているという事件で、特捜部が動き出す。

こんな小物に特捜部が動く前に、甘利氏の方こそ特捜部は捜査すべきではないのか?

週刊文春も、件の会社の総務担当の証拠録音テープがあるということをちらつかせた割には、

それ以降その事実を公表していない。

大臣辞任までさせたのに、それで終わりと言う姿勢で宜しいのか?

とても釈然としないのです。

甘利氏しかり、復興大臣しかり、総務大臣しかり、環境大臣しかり、沖縄北方担当相しかり、どうしてこんな低レベルな人たちに大臣職を任せていて平気なのでしょうか。

本当に嘆かわしい。厚顔無恥の大臣よ、どこかに消えて下さい。

女性 50代
神奈川県
甘利さんはどうなているの?

 - 政治 , , ,