楽天が通販サイトの成長の鈍化は商品検索の不便さにあります。

   

サムネイル
楽天が通販サイトでの成長が鈍化した理由は商品検索の不便さが原因だと考えます。

私は、書籍やゲームなどの購入をよく行なっていますが楽天の商品検索は、商品の名前がしっかり合ってないとヒットしない不便さがあります。

これが、アマゾンだと何らかの単語の羅列で商品にヒットするので書籍の名前がうる覚えでも商品にヒットし易いのはとても助かります。

また、楽天にくらべてアマゾンは商品の値段が低い順から並び購入方法も代引き・クレジット払いかコンビニ支払いが可能かなど購入方法が解りやすく提示されているのも助かります。

つまり、楽天がアマゾン細かなサービスなどに劣っている点が通販サイトの成長の鈍化の理由の背景にあります。

しかも、商品の品揃えと種類の豊富さでは楽天はアマゾンには遠く及ばないうえに価格でもアマゾンの方が出店者が多いので価格競争が起きて価格も楽天より安いです。

逆に、楽天は良いものを仕入れようと努力しているのおはわかるのですが消費者にとっては良いものよりも価格や品揃えの豊富さなどの方が大事なのでその点では消費者のニーズを見誤っています。

では、楽天がアマゾンなどの他のショピングサイトとの競争に勝つためにはどうしたらいいでしょう?

私は、まず商品検索の強化などの細い部分で消費者目線に立つのが一番の近道だと思います。

どんなに良い商品でも商品検索にヒットしずらかったり商品の値段の比較が困難だったりすると消費者はそのサイトを使いにくいと判断して利用しなくなります。

そうなると、出店者も思うように利益がでないので他のショピングサイトに移ってしまいます。

そのような、負のスパイラルに楽天は陥っているのだと思います。

とにかく、良いものを出せば売れる時代ではないので売れるための努力をサイト側もしないといけないと思います。

男性 40代
愛知県
楽天が通販サイトの成長の鈍化は商品検索の不便さにあります。

 - 経済 ,