保活問題について。保育士さんたちが働ける保育園自体の数が足りない!

   

サムネイル
「保活」という言葉を初めて知りました。

婚活や就活、終活なら聞いたことがあったのですが、これらの言葉と同じような感じで「保育所に入るための活動」という意味らしいです。

保育所の待機児童問題について、保育所に子供さんを入れることができなかったお母さんのブログ記事に対しての首相の、ちょっと不用意な発言が炎上気味になったのがきっかけで話題になっています。

もちろん、保育所の待機児童問題自体は、ずいぶん前から問題視されていたのですが、いっこうに解決されないまま今日にいたっています。

そして、今、勿論、選挙も絡んできそうな雰囲気があるので、政府としても本腰を入れている(入れているところをアピールしている。)状態だと思います。

少子化が叫ばれて久しいなか、どうして保育園が足りないのでしょうか。

もちろん、働きたい・働かざるを得ない女性が増えたため、保育園へ入らなければいけない子供が相対的に増えたというのもあるかと思います。

しかし、これだけの長い期間をかけても、解決できないのは何故なのでしょうか。

保育士の給与水準が低いから保育士になりてがないからだという声も上がっています。

もちろん、それもあるでしょうが、「卵が先か、鶏が先か?」みたいな話になりますが、保育士になりてが少ないことの原因のひとつとして、保育士さんたちが働ける保育園自体の数が足りないというのが一番大きいのではないでしょうか。

いわゆる認定保育園の整備や運営には、国や自治体の諸々の補助金等の助成が必要でその枠が高齢化社会への対策等に追われて拡大できないということもあるかもしれません、高齢化対策の方が票につながりやすいのかもしれませんし。

後は、既得権益者の保護みたいなものもあるのではないでしょうか。

農業なんかでもそうですが、参入壁を高くして新規の参入ができにくくなっていると思います。

もちろん、っこで言う「既得権益者」とは、既存の保育園の関係者と認可権を持った役所です。

彼らが参入壁の高くするときのきまり文句は、「何かトラブルがあって、とりかえしののつかないことになったらどうするんだ!」という言葉ですが、保育園の場合も同じで子供の安全確保みたいなものを前面に押し出してきて、既得権益を守ってきてるような気がします。

確かに入園希望の子供は増えているのかもしれませんが、市街地で公共教施設をはじめとして色々と空きスペースが目につくようになってきているというインフラ面で追い風もあり、また、待機児童がいるという需要がある以上、ビジネスチャンスでもあるわけですから、ある程度の補助等は必要としても、ハードルさへ下げればいろんな展開が可能となっていくのではないでしょうか。

男性 50代
奈良県
保活問題について。保育士さんたちが働ける保育園自体の数が足りない!

 - 社会 , , , , ,