ペナントレース開幕なんてあり得ない

   

サムネイル
野球賭博の問題がはっきりと決着しないまま、ペナントレースがスタートしました。

特に、無観客試合などの制裁も行われないままにです。

野球連盟は調査が完了したことから、もう野球賭博の問題は終わったと思って、ペナントレースを開催したのかもしれません。

しかし、はっきり言って甘い対応としか言えないと思います。

野球賭博が明るみに出る発端となった笠原選手はプロ野球資格を失ったものの、今もTwitterの更新を続け、しかも草野球の選手としてプレーしています。

これは父親が元プロ野球選手のため、野球界が強く出られないということ以外に考えられません。

同時に、特に法的な処分も何ら受けていないのが現実です。

他の選手もプロ野球資格を失ってはいますが、法的処分は未だに行われていないのです。

つまり、野球賭博が明らかになっても、誰も法的な制裁を加えられていないのです。

これでは一般市民はもちろん、野球ファンであっても、賭博事件が解決したものとは思えないでしょう。

野球が日本の一大スポーツであるからと思って、野球連盟が甘く見ているとしか思えないのです。

しかも、問題はプロ野球界に留まりません。

野球は東京オリンピックでの種目として挙げられている競技です。

オリンピックに種目とされている競技の選手が賭博に参加し、しかも何の法的な処分も受けていないのは、もはや恥と言ってもいいでしょう。

野球賭博はオリンピックにも泥を塗りかねないのです。

今回の野球賭博の件で、野球というスポーツの汚さと処分の杜撰さが全国に広く知れ渡りました。

たださえ、清原選手の薬物使用で野球のイメージが悪いのに、もっとイメージを悪化させてしまいました。

今の子供達には野球以外のスポーツの選択肢もたくさんあります。

はたして、今の野球界を見て、野球っていいよねと言える子供が何人いるのでしょうか。

この甘い処分で終わるならば、もう野球はスポーツとしての価値を無くすことでしょう。

男性 20代
千葉県
ペナントレース開幕なんてあり得ない

 - スポーツ , ,